聞く | くじらタウン

聞く

様々な業界で活躍されている方に「くじら」についてインタビュー!
色んな視点から見る「くじら」への思い、魅力をたっぷり語っていただきます。
毎月お一人。前編・後編にて想いをお届けいたします。

「クジラについてよく知ることで、感謝の気持ちを持って食せると思う」元モーグル日本代表、オリンピアン 伊藤みきさんinterview

「捕鯨賛成派も反対派も、結局はクジラのことが大好きなんだと思う」あらたひとむさんinterview後編

「クジラの魅力をみんなに伝えたいから、ずっとクジラを描き続けている」あらたひとむさんinterview前編

「商業捕鯨になっても『持続的利用』という目的は変わっていない」日本鯨類研究所 資源生物部門・田村力さんinterview

「初めてクジラを食べるなら、本当においしいものを食べてほしい」森嶢至さんinterview後編

「クジラの本当のおいしさを知ったのは大人になってから」森嶢至さんinterview前編

「子どものころの『おいしい』体験は一生ものだから、クジラ肉を販売する側も正しい知識を得てほしい」板花貴豊さんinterview後編

「たくさんの人にクジラ肉を食べてもらうため、まずはクジラについて知ろうと捕鯨船の乗組員になった」板花貴豊さんinterview前編

「クジラを食べたら、クジラみたいにスケールが大きな男になる」プロレスラー棚橋弘至さんinterview

「捕鯨産業を守ることで、“食のセーフティネット”が強化されるし、食料自給率がUPする」『下関くじら館』店長・小島純子さんinterview後編

「“商業捕鯨一時停止”という言葉は、『捕鯨=悪』の刷り込みを与えるためのプロパガンダだった」『下関くじら館』店長・小島純子さんinterview前編

「難しいことは考えず、おいしくクジラを食べてほしい」【木村優哉さんinterview後編】

「家族で食べるクジラ料理は、ぜひ男性に担当してほしい」【木村優哉さんinterview前編】

「日本人は昔から、クジラへの感謝の気持ちを大切に礼儀正しく命をいただいてきた」落語家・林家木久扇氏interview

「本当においしいクジラの食べ方を知ってほしい」――『服部学園』理事長・服部幸應氏interview

「環境にもやさしいクジラは、食料が枯渇する時代のウェルネスフード」【志水浩彦さんinterview後編】

「日本は大真面目に調査捕鯨しているのに、海外から誤解されている」【志水浩彦さんinterview前編】

「もっと食べることで、クジラをもっと知ってほしい」【加藤秀弘さんinterview後編】

「クジラも人間も、祖先は同じ哺乳類」【加藤秀弘さんinterview前編】

「哺乳類仲間のクジラにはシンパシーを感じる」【田島木綿子さんinterview後編】

「100年先の未来にも、クジラのことを伝えたい」【田島木綿子さんinterview前編】

「まずは食べて、クジラのおいしさを知ってほしい」【森朝奈さんinterview後編】

「クジラや魚のおいしさを世界に発信していきたい」【森朝奈さんinterview前編】