宮城県石巻市・牡鹿半島エリアの魅力が詰まった「ホエールタウンおしか」は、クジラを見て、食べて、学べる観光交流施設 | 耳ヨリくじら情報 | くじらタウン

耳ヨリくじら情報

2020.11.27

宮城県石巻市・牡鹿半島エリアの魅力が詰まった「ホエールタウンおしか」は、クジラを見て、食べて、学べる観光交流施設

Share :

2020年春、宮城県北東部の牡鹿(おしか)半島に、観光交流施設「ホエールタウンおしか」がオープンしました。「ホエールタウンおしか」とは、海抜6メートルの防波堤の上に、「観光物産交流施設 Cottu(こっつ)」「おしかホエールランド」「牡鹿半島ビジターセンター」の3つの施設を有したスポットです。

鯨刺身、鯨ユッケ丼、鯨みそ焼き……どれから食べるか迷ってしまいそう!

まずは、おいしいクジラに舌鼓を打ちながらゆっくりとした時間を楽しめるレストランが軒を連ねる「観光物産交流施設 Cottu(こっつ)」をご紹介。

▲鯨のアイスクリーム

外房捕鯨くじら家では、クジラの缶詰やクジラのアイスクリームなど、牡鹿半島ならではの商品が勢ぞろい。近くのスーパーでは入手できないような珍しい食品は、お土産としても喜ばれること必至です♪

▲プラザサイト― 鯨刺身定食

飲食店は3軒。まず1軒目は、クジラ料理の他、牡鹿半島の旬の海鮮が主役のメニューをバラエティ豊かにそろえた「プラザサイトー」。こちらを訪れたらぜひ試してほしいのが、鯨刺身定食(2,420円/写真上)です。

ミンククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラの3種の鯨肉を部位もさまざまに食べ比べできるので、「部位ごとにこんなにいろんな味わいを楽しめるのか!」ときっと驚くことでしょう。

▲黄金寿司 鯨ユッケ丼

2軒目にご紹介するのは「黄金(こがね)寿司」。鮮度抜群の鯨肉を使った握りはもちろん、鯨ユッケ丼(1,200円/写真上)も大人気のお店です。

3軒目にご紹介するのは「海鮮レストラン なぎさ」。こちらでは、地元では昔からよく食べられているという「鯨みそ焼き定食」(1,600円/写真下)を堪能できます。味噌に漬け込んだクジラをじゅうじゅうと焼きながらアツアツを楽しめるので、ご飯がどんどん進むこと間違いなし。「昔は味噌ではなく塩漬けにして、お茶漬けにしていただくこともあったんですよ」と店員さんが教えてくれましたが、そちらも食欲をそそりそうですよね。

▲海鮮レストラン なぎさ 鯨みそ焼き定食

また、「観光物産交流施設 Cottu(こっつ)」からは、金華山への定期船や海上タクシーにも乗ることができるので、出航を待つ時間を利用して食事を楽しむのもおすすめです。

観光物産交流施設 Cottu(こっつ)
住所:宮城県石巻市鮎川浜南43-1
Tel : 0225-24-6644
開館時間 8:30 〜 17:00 年中無休
※営業時間は店舗ごとに異なります 。

クジラの生態や特徴、牡鹿半島のクジラ文化を学べる「おしかホエールランド」

クジラの生態や特徴、牡鹿半島におけるクジラ文化について学べる施設「おしかホエールランド」は、2013年、東日本大震災の津波により被災。今年、約9年4か月ぶりに再開館したことで注目を集めています。

▲マッコウクジラの骨格標本
▲マッコウクジラのあし

館内に足を踏み入れると、最初に目に飛び込んでくるのがマッコウクジラの骨格標本。さらに足を進めると、小柄な鯨種であるコククジラの骨格標本も。

▲コククジラの骨格標本

壁面にはクジラに関するQ&Aや、捕鯨産業でにぎわった鮎川の歴史についての解説も展示されています 。

▲クジラのスタンプ
▲クジラのひげ

また、大海をたゆたうクジラを大画面に映したシアターの設置もあるので、まるで海の上で間近にクジラを眺めているかのような不思議な感覚に酔いしれることもできますよ。

おしかホエールランド
住所:宮城県石巻市鮎川浜南地内
Tel : 0225-25-6422
開館時間 
9:00~16:00 休館日:水曜日(水曜日が祝日にあたる場合はその翌平日)
入館料:大人400円(360円)
大学生・高校生300円(270円)
中学生・小学生200円(180円)
【未就学児無料】 ※( )内は団体(20名様以上)1名当たりの料金

三陸復興国立公園・牡鹿半島エリアの自然環境や自然とともに生きる人々の暮らしについて学べる施設

牡鹿半島の文化や歴史、見どころについて学べる「牡鹿半島ビジターセンター」では、牡鹿半島を楽しむための情報を豊富に発信。エコツーリズム推進の拠点となることを目指した施設で、行くたび新鮮な気持ちで楽しめるよう、企画展やセミナーも随時催されています。また、クラフト体験なども用意されているので、子ども連れでもめいっぱい楽しめますよ。

牡鹿半島ビジターセンター
住所:宮城県石巻市鮎川浜南50-1
Tel : 0225-24-6912
開館時間 9:00 〜 16:30 休館日 : 水曜日、年末年始

徒歩圏内にはおいしいクジラ肉を買える「鮎川捕鯨」も!

▲鮎川捕鯨 直売所

また、同施設徒歩圏内には、ブロックの鯨肉や鯨缶詰などを扱う直売所「鮎川捕鯨」もあるので、散策がてら足を運べば、さらにこのエリアを堪能できます。

▲直売所 大和煮
▲鮎川直売所 店内の様子

他ではなかなか買えない「ナガス鯨須の子」の缶詰(2個で1,000円/写真上・左)などもあるので、お土産探しにもぴったりですね。

■鮎川捕鯨
住所:宮城県石巻市鮎川浜向田1番地1
Tel:0225-45-3131

ホエールタウンおしか
住所: 宮城県石巻市鮎川浜南43番地1
Tel:0225-24-6644

▶関連記事
「ホエールタウンおしか」にてクジラの勉強会「石巻女子くじら研究会」を開催。「クジラがこんなにおいしいなんて初めて知った」の声も
鮎川の伝統工芸「鯨歯工芸品」彫師の千々松正行さんが作るハンコは、経年変化も楽しめる一生もの!

Share :