和食の
くじらアイデアレシピ

#和食

鯨の葱とろ丼 利久醤油掛け

本皮を少し混ぜるだけで、鯨の赤肉がトロになります。 利久醤油の胡麻の香りが鯨の風味と良く合います。 途中でウズラの卵をくずし混ぜると、トロトロでコクが出るため、更に食欲が進みます。 第1回くじら新メニューコンテストで、ベストメニュー賞に輝きました。 発案者:高橋雄一郎さん(新宿調理師専門学校)

材料

[鯨葱とろ]
鯨赤肉 400g
鯨本皮(脂部分のみ) 40g
信州味噌 大さじ2
万能葱 50g
[付け合わせ]
長芋 200g
とんぶり 40g
ウズラの卵 4個
もみ海苔 適量
わさび 適量
[利久醤油]
当たり胡麻(胡麻ペースト) 40g
濃口醤油 大さじ3
大さじ1
みりん 大さじ1
[ご飯]
精米 3カップ
720ml

作り方

  • ご飯を炊く。
  • 付け合わせの準備。長芋は細く「せん切り」にする。万能葱は小口から細かく切る。
  • 利久醤油を作る。分量の調味料を良く合わせる。
  • 鯨葱とろを作る。鯨赤肉と本皮の脂部分のみを包丁で良く叩く。信州味噌を混ぜ、下味をつける。万能葱の小口切りを混ぜる。
  • 盛りつけ丼にご飯をよそい、長芋・とんぶりを敷く。鯨葱とろを乗せ、ウズラの卵・もみ海苔・わさびをあしらう。利久醤油を掛けて、混ぜながら食べる。