和食の
くじらアイデアレシピ

#和食

さえずりおでん

関西ではメジャーでも関東ではあまり知られていない「さえずりおでん」。弾力あるぷるぷるとした食感が特徴です。出汁とさえずりが絡みあい、お酒が進みます。

材料

<2人前>
さえずり 1ケース(仕込み用の場合)
適量
米ぬか 適量
サラダ油 適量

作り方

  • カートンケースのまま約2℃の冷蔵庫に入れ、4日間かけて解凍します。
  • 作業しやすいように、5㎝×20㎝程度の柵状にカットし(肉側を上にすると切りやすい)、包丁で肉の部分をそぎ落とします。
  • 食塩とさえずりを鍋に入れ手で混ぜます。その際、塩をまんべんなくまぶす。
  • さえずりをバットに入れ、約2℃の冷蔵庫で2日~3日保管します。
  • 余計な水分が抜けると、さえずりに塩味がつくので水で表面の塩をしっかり洗い流します。
  • 沸騰した釡に米ぬかを入れ、鍋にさえずりを入れ、湧いてから1時間半茹でます。
  • 水でしっかり締めます。鍋にサラダ油を入れ1800℃に加熱し、さえずりを入れて、10分ほど強火で揚げます。
  • カラッと揚がったら油から上げて十分に冷まし、表皮をまな板に押しつけて包丁で表皮を薄くそぎ切ります。約1.5cm幅にダイスカットする。
  • ボールに入れてさっと水洗いし、水切りをして、さえずりを指でぎゅっと押さえながら串に刺します。
  • さえずりだけをおでんのだし汁で煮込み、味を染み込ませます。20分煮込み、鍋から出す。
  • トレーに移し、型崩れしていないかをチェックします。